手作り指輪を二人で

今20代30代の若い世代のカップルの中には、エンゲージリングやマリッジリングなどのブライダルリングを二人で手作りしたいという人が増えているそうです。
結婚情報誌や結婚情報サイトを見ても手作り指輪に関する記事を頻繁に見かけますし、ブライダルリング専門のアトリエもあって、そういったところでは安いコストでもデザインに凝った高級感ある手作り指輪を作っています。
それではブライダルリング専門のアトリエを利用するときにはどんな点がポイントになるのでしょうか?

まずは二人でどんな指輪を作りたいのかデザインを考えておくことが大切で、これを決めておけば予算をどれくらい準備すれば良いのか、また二人で考えたデザインの指輪を作れるのかが分かります。
アトリエにもそれぞれ特徴がありますので、場合によっては希望に添えないこともありますから、最初にデザインと予算を決めておくと候補も絞りやすくなります。

次にアトリエでは自分たちも作業に加わって作るので手作り指輪というのが分かりやすいですし、そこが大きな魅力でもあります。
アトリエには熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが在籍しており、作業工程のアドバイスがもちろん仕上がりに影響する重要な工程はやってくれるので失敗のリスクはほとんどありません。
ただ仕上がりのイメージはあらかじめ分かっていたほうが良いので、打ち合わせ時にサンプルを見せてもらうといいでしょう。

また、ブライダルリングはファッションリングとは違って、生涯身に付けることを意識して選ばなければなりませんので、トレンドもファッションリングのそれとは違います。
ブライダルリングにはブライダルリングのトレンドがありますから、その点もあらかじめチェックしておくことをおすすめします。
ただ、あまりトレンドを意識し過ぎると長く身に付けられるデザインにならないこともあるので、その点はアトリエのスタッフや周囲からのアドバイスにも耳を傾けた方がいいでしょう。

リングを安く手に入れたい

これから結婚を控えている若いカップルの中には、ブライダルリングを用意したいけど予算が限られていてなかなかふさわしいものが買えないという人たちもいるのではないでしょうか?
そんなカップルにおすすめしたいのがブライダルリングを専門に扱っているアトリエで、ここでは安いコストで高いクオリティのリングが作れると評判になっています。

アトリエでリングを手作りすると聞くと、観光地で思い出作りにシルバーのリングを作る体験教室のようなものをイメージするかもしれませんが、ブライダルリング専門のアトリエはそういったところとはまったく違って、ゴールドやプラチナをベースにした素材にダイヤモンドを入れた高級感あふれる本格的なリングを作ることができます。
一般的に高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入する場合、だいたい30万円から40万円程度が相場だと言われていますが、アトリエで手作りすると10万円程度で同じくらいのクオリティのリングが作れるそうです。

なぜそんな安いコストで本格的なブライダルリングを作れるかと言うと、まず高級ブランドショップではブランド料が加味されているため、その分料金が高くなっています。
アトリエではそういった無駄なコストもかかりませんし、高級ブランドと同じ仕入れ先から安いコストで仕入れているところもあり、その分お客さんに還元できているのです。

もちろん素材や石、デザインや加工法も自分たちで決めることができますから世界にひとつだけのオリジナルリングを作れるのです。
デザインのバリエーションはアトリエによって異なりますが、シンプルな槌目仕上げのデザインや彫刻を入れてもらうことも可能です。
すべての作業を自分たちでやるわけではなく、熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがついていますので、その人たちからサポートを受けながら仕上がりに影響する重要な工程は職人が行いますから失敗のリスクも低く安心できます。

ブライダルリングにはプラチナ

プラチナをベースにしたリングはブライダルリングのスタンダードと言われていますが、その魅力はたくさんあります。
そこで今回はなぜブライダルリングにプラチナが選ばれているのかお伝えしていきたいと思います。

まずプラチナのリングの最大の魅力は白い輝きで、これはブライダルシーンにとてもよくマッチしています。
ブライダルのイメージカラーと言えばホワイトですし、その純白の輝きはいつまでも見ていたくなるような美しいものです。
結婚式でもっとも盛り上がるシーンと言えば指輪交換ですが、プラチナのリングはそんな最高潮のシーンを大きく輝かせてくれるでしょう。

そしてプラチナはただ白い輝きが美しいだけでなく、柔らかくて加工がしやすいため、デザインのバリエーションを広げやすいところも魅力です。
ブライダルリングは比較的シンプルなデザインになっているものが多いのですが、よく見てみるとしっかり手が加えられているものも少なくありません。
これはプラチナが柔らかくデザインしやすい素材だからで、サイズの微調整もしやすいため、自分に合ったリングを見つけることができると思います。

プラチナはもともととても柔らかい素材であるため、パラジウム、ルテニウム、イリジウムといった金属を混ぜて硬度を高めています。
したがって純度が高い順番に柔らかくなっており、「Pt900」「Pt950」「Pt1000」などがありますが、ブライダルリングによく使われているのはPt950です。

さらにゴールドと同様に劣化しにくい素材なので、定期的にメンテナンスしてやることによって長く美しい輝きを保つことができます。
ブライダルリングは特別なアイテムですから、いつまでも綺麗な状態を保つためにもクリーニングをしてください。

また金属アレルギーがある人でも身に付けることができるので、ブライダルリングでなくても普段使いのリングにもおすすめできます。
ショップに行けばいろいろなリングが置いてありますので一度足を運んでみてください。

ゴールドのリングが欲しい

婚約や結婚の記念に贈るアイテムと言えばゴールドを素材にしたリングがスタンダードになっていますが、ゴールドのリングにはどんな魅力があるのでしょうか?
まずひとつめは「変色しにくい」という点で、これはエンゲージリングやマリッジリングにはとても重要なポイントになります。
なぜならエンゲージリングやマリッジリングはファッションアイテムではありませんので、常に身に付けられることを意識して選ばなければならないからです。
中でもK18はもっとも変色しにくく、長く輝きを保てると言われていますから指輪にもよく使われています。

次にゴールドは柔らかい素材なので加工がしやすく、デザインのことを考えると大きなメリットと言えるでしょう。
エンゲージリングやマリッジリングはどちらかと言えばシンプルなデザインのものがスタンダードになりますので、アレンジのバリエーションがあればそれだけ数多くの選択肢が生まれます。
ですからデザイン・加工のしやすさというのはとても重要になります。
ゴールドには「K24(ゴールド100%)」「K18(75%)」「K14(58%)」「K10(42%)」と種類がありますが、純度が高いものほど柔らかくなっています。

さらにメンテナンスすることでいつまでも新品同様の輝きを保つことができますので、定期的にクリーニングすることをおすすめします。
先ほども言いましたがゴールドは変色しにくい素材ですから、メンテナンスをきちんとすればいつまでも綺麗な状態を保てます。

また、カラーのバリエーションも豊富で、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドなどありますから、自分の好みに合わせて選べるところも魅力です。
このようにゴールドのリングはただ高級感があるだけでなく、アレンジもしやすく長く綺麗な状態をキープできることから、人気も高くエンゲージリングやマリッジリングはもちろん普段使いの指輪にもおすすめできる素材なのです。

シルバーリングのデザイン

シルバーのリングは値段もそれほど高くありませんし、普段使いの指輪として持っている人も多いと思いますが、新たに購入するときにはどんなことを意識すればいいでしょうか?
まずシルバーのリングは値段が安い分デザインの種類が非常に多く、ジュエリーショップでも販売していますしアパレルショップでも小物コーナーに置いてあることが多いです。
それ故に意外と選ぶときには苦労することも多く、買った後も違うものを買っておけば良かったかな…と後悔するケースがあります。

手軽に手に入れられるシルバーのリングだからこその悩みだと思いますが、最近ではオリジナリティを追求するためにあえて自分で手作りする人も増えているそうです。
先ほども言いましたがシルバーのリングはデザインが豊富なのでトレンドの指輪もバリエーションがありますから、手作りするときには意外とスムーズに作れるのです。
なぜならいろいろなデザインを参考にできますし、何よりシルバーそのものが加工しやすい素材なので自分好みにアレンジできます。

指輪作りは専門のアトリエを利用して作りますが、このときにポイントになるのが普段のファッションを意識したデザインにすることです。
これは既製品を買うときにも言えることですが、普段使いの指輪は普段のファッションに合わせて身に付けるものなので、アトリエに行くときもできるだけ普段しているスタイルで行ってください。
そうすることで指輪が合っているがチェックできますし、失敗のリスクも低くなります。

作るときは熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが一緒になってサポートしてくれますから安心ですし、最近ではカップルでペアリングを作りにくることも多いので、記念に二人でペアリングを作るのもおすすめです。
アトリエは全国各地にありますから、自分の住んでいるエリアから近いところをインターネットなどを利用して調べてみるといいでしょう。
料金などはホームページに掲載されているのでそちらもチェックしておいてください。

手作り指輪はシンプルが人気

マリッジリングを自分たちで手作りしたいと考えているカップルも多いと思いますが、どのようなデザインが人気なのでしょうか?
まず手作り指輪とは厳密に言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで店頭に並んでいる既製品も該当しますが、ここで言う手作り指輪は自分たちで手作りする指輪のことを指しています。
したがってまず考えなければならないのが「何ができて何ができないのか」という点です。

手作り指輪を作るには専門のアトリエを利用するケースが多く、結婚情報誌や結婚情報サイトにもたくさんの情報が掲載されていますので、どんなデザインの指輪を作りたいのか明確にしてアトリエに問い合わせてみてください。
近年手作り指輪をアトリエで作るのがちょっとしたブームになっていますから、アトリエの数も全国的に増えていますしホームページにはメールアドレスや電話番号など連絡先が記載されていますので、そこから気になることを聞いてみましょう。

そして人気のデザインですが、マリッジリングがトレンドを追ったデザインよりも長く身に付けられることを意識して作ることが多いので比較的シンプルなものが好まれる傾向があります。
シンプルなデザインならトレンドに左右されることもありませんし、どんなスタイルにもマッチしやすいですから使い勝手もいいです。
また、シンプルなデザインのほうが作りやすいので手作り指輪には向いていますし、意外とアレンジもしやすいのです。

たとえばストレートタイプの指輪はシンプルですが、少しだけ彫刻を入れたりイニシャルを入れることでオリジナリティを出せますし、V字タイプならV字の角度を変えるだけでも印象がかなり変わります。
加工法は槌目仕上げが人気で、これは素人でもやりやすくハンマーをたたく強さによってデザインも変えやすいです。
このようにマリッジリングを手作り指輪にするなら、デザインはシンプルベースにして、そこに少しオリジナリティを加えるのが一番ではないでしょうか?

記念に手作り指輪を

カップルの中には特別な日の記念に指輪を贈りたいという人も多いと思いますが、そんなひとたちに今おすすめしたいのが専門のアトリエで作る手作り指輪です。
手作り指輪と聞くと「コストがかかりそう」「ややこしい」などのイメージがあるかもしれませんが、専門のアトリエで作る手作り指輪は楽しく、しかも低コストで高クオリティの指輪を作れるのでとても評判が良いそうです。

まず記念に贈る指輪ですから、しっかりとしたクオリティを求めるのが当然だと思いますが、専門のアトリエには熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが在籍しており、職人と一緒に手作りして作ります。
ですから、よくあるアクセサリー体験のような感じではなく、本格的な指輪作りをしますので出来上がったものはデザイン性も高く普段から身に付けられるおしゃれな指輪になります。

もちろん素材や石、デザインや加工法も自分で決められるますからゴールドやプラチナをベースにした素材にした高級感ある手作り指輪を作ることも可能ですし、石もダイヤモンドやルビー、または誕生石を入れるなどアレンジも自由自在です。
仕上がりがイメージと違った…というリスクを心配する人もいるかもしれませんが、仕上がりに影響する重要な工程は職人が担当しますし、あらかじめサンプルを見せてもらえますのでイメージと異なるリスクはとても低いです。

さらに気になるコスト面ですが、通常高級ブランドショップやジュエリーショップでゴールドやプラチナをベースにしてダイヤモンドが入った指輪を購入すると安くても10万円から20万円くらいはかかりますが、アトリエで作れば10万円以下でも十分高いクオリティのものができるのです。
ただしデザインや加工法によっては仕上がりまで1か月から2か月程度かかる場合もありますので、その点は注意しなければなりません。
このようにアトリエで作る手作り指輪はクオリティも高くデザインも自由に決められるので記念に贈るならおすすめです。

デザインはサンプルを参考に

今、エンゲージリングやマリッジリングなどをオーダーメイドや専門のアトリエを利用してオリジナル指輪にしたいと考えるカップルが増えています。
結婚情報誌を見ても、手作り指輪に関する記事が目立ちますし、どんな指輪を作ったのかをツイッターやインスタグラムにアップしている人もたくさんいます。

しかしオーダーメイドや専門のアトリエで手作り指輪を作るときに頭を悩ませるのがデザインをどうやって決めるかという点で、ここは誰もが悩んでいるみたいです。
通常ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入する場合はすでに出来上がった商品が店頭に並んでいるので、その中から好きな指輪を選べばいいのですが、オーダーメイドや専門のアトリエで手作りするとなるとそうはいきません。
もし仕上がりがイメージしていたものと違ったらどうしよう…という不安は必ず出てきますし、エンゲージリングやマリッジリングなど特別なアイテムとして作るなら尚更その気持ちは強くなります。

ただ、お店側もその点は当然考慮しており、必ずサンプルを用意してくれますからデザインを決めるときにはまずサンプルを参考にしてください。
サンプルをチェックせずに作ってしまうと先ほどお伝えしたようなリスクが高まりますし、サンプルを見ておくことでどんな仕上がりになるのかも分かります。
また、サンプルを見せてもらうならひとつだけでなく必ず複数見せてもらってください。
複数見ることによってそのお店がどのくらいのクオリティの指輪が作れるのかが分かりますし、デザインのバリエーションもある程度見えてきます。

せっかく指輪を手作りするなら納得できる仕上がりにしたいと思うのが当然ですから、まずは情報収集をしっかりやることが大切です。
さらにお店のホームページには実際に指輪を手作りした人の体験談が掲載されているところもありますから、そういったものを見てどんな様子だったのかチェックしておきましょう。

手作り指輪のデザインを決める方法

オーダーメイドや専門のアトリエで指輪を手作りする場合、デザインをどうしようか悩む人が多いと思いますが、デザインを決める方法にはどんなことがあげられるでしょうか?
今回は手作り指輪のデザインを決めかねている人に向けて、スムーズに決められるアドバイスをしていきますので、これから指輪を手作りしたいという人は参考にしてください。

はじめにオーダーメイドや専門のアトリエで手作りするときにはデザインだけでなく素材や石、加工法まですべて決められるところが多いですから、そういった点も考慮して決めることをおすすめします。
たとえばゴールドやプラチナをベースにした素材にダイヤモンドを入れた指輪を作るなら、あまりごちゃごちゃしたデザインにするよりもシンプルにしたほうがダイヤモンドが際立ちます。

また少しスタイリッシュなイメージにしたいならストレートタイプの指輪ではなく、V字タイプにしてみたりするのもひとつの手段です。
エンゲージリングやマリッジリングにする場合はあまり派手になり過ぎないことが重要なポイントになりますので、リングの形にこだわるの個性を出すうえで効果的です。

普段使いの指輪を手作りするならまずは指輪を身に付ける人が普段どんなファッションを好んでいるかが重要になりますので、その点をリサーチしておく必要があります。
特にプレゼントするならどのような指輪が好みなのか、また指輪のサイズを間違えないようにしなければなりません。

デザインを決めるうえで役立つのがインターネットで、専門サイトやショッピングサイトを見てトレンドをチェックする方法もありますし、ツイッターやインスタグラムなどを見てみるのも良い方法ではないでしょうか?
また、ショップの人にアドバイスしてもらうのもおすすめです。
このように指輪のデザインを決める方法はいろいろとありますし、ヒントは至るところに落ちているので積極的にリサーチして納得できる指輪を作ってください。

手作り指輪のモチーフ

これから指輪を手作りしたいと考えている人の中には、どんなモチーフにしようか迷っている人も多いと思います。
モチーフの決め方はその人によって違いますが、自分で使う指輪を作る場合、大切な人へのプレゼントにする場合、いろいろな場面をイメージしながら決めるといいでしょう。
そこでここでは手作り指輪で人気のモチーフをいくつか紹介していきますので参考にしてください。

まずはじめに大切な人へ贈る場合の定番と言えるのがハートで、これは愛の象徴としてもっとも分かりやすいですからストレートに自分の気持ちを表現するならぴったりでしょう。
二人の愛を誓い合うためのエンゲージリングやマリッジリングとして作るときにもおすすめできるモチーフです。

次にクロスをモチーフにした指輪も人気で、クロスには天と地の交わりを表現する意味があって、生きていくエネルギーの象徴でもあります。
ですから何か強い決意を表現したい、たとえばこれから自分はこういう生き方をするという意味を込めてみるのもいいかもしれません。
また、クロスもハート同様に愛を表現するときに使われるモチーフですから、ペアリングにもできます。

ほかにも羽根をモチーフにした指輪も人気で、羽根が上昇していくことをイメージさせますから、これから自分はもっと上へあがっていく、幸せになる、成功するといった気持を込めたい人におすすめです。
このように手作り指輪を作るときにはどんなモチーフにするか考えるのも楽しみのひとつで、それぞれ異なるイメージがありますから自分が作る指輪にどんな意味を込めたいのかあらかじめ考えておくといいかもしれません。

ここで紹介した3つのモチーフ以外にも月や星、三角など人気が高いものはまだまだありますから、どんな意味を持つモチーフがあるのか調べてから作ることをおすすめします。
自分で手作りするときにはこういうことを決められるところも大きなメリットですので楽しみながら進めていきましょう。